CSS ”pre”

  1. ほとんどのブラウザでpreは等幅フォントで表示される
  2. ほとんどのブラウザでprewhite-spacepreになっている
  3. フォント・ファミリを指定する場合は最後にGeneric font familiesが必要になる
  4. overflow: scroll;では縦横どちらにあふれた場合でも縦スクロール・バーと横スクロール・バーが両方とも出る
  5. overflow: auto;ではあふれた方向にのみスクロール・バーが出る
  6. Internet Explorerではoverflow: auto;は内容があふれる場合にうまく解釈されないことがある
  7. heightを指定しなければ内容に合わせて適当に拡大してくれるので縦にはあふれない
  8. Internet Explorerでは内容に合わせてボックス幅が際限なく拡大するのでoverflowと同時にwidthの指定が必要になる
  9. Internet Explorerではボックス・モデルの解釈に問題があるのでwidthと同時にpaddingborderを指定する場合はwidth: 90%;などと余裕を持たせる必要がある

pre { padding: 1em; border: 1px solid #000; width: auto; _width: 90%; overflow: auto; _overflow: scroll; color: #000; background-color: #f6f6f6; font-family: ‘MS Gothic’, monospace; }

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。